あなたのニキビが、痕になってのこるかどうかは、あなたの肌質や体質によって決まります。

男性のように硬い肌の人は痕が残りやすい…!

10代のころできてしまったニキビ痕が、大人になってもずっと残っているヒトがいます。

ですので、ニキビが出来てしまった時、「痕が残らないだろうか?」と心配になります。

一般的によくいわれることですが、ニキビを潰すと跡が残る…。

しかし、これはかならずしもそうともいえません。

ニキビを潰しても、上手に芯をだすことができれば、きれいに治ります。

また、潰さなくても芯が残るケースもよくあることです。

実は、ニキビの痕が残るかどうかは、ほとんどそのヒトの肌質や体質によって決まるといわれています。

なぜ、そう言えるでしょうか?

ニキビ痕は、ニキビの進行段階が進めば進むほど痕に残りやすいのですが、どの段階がどこまで進むかは、個人によってかなりの差があるからです。

毛穴に皮脂が詰まった状態のコメド(面疱)でいうと、ほとんど留まっている人もいれば、一部が膿を持つまで進むヒトもいます。

また、一度できはじめると、別にいじったりしなくても、どんどん進行して、硬結ニキビまですすんでしまうヒトもいます。

このように、どこまで進行するかは、そのヒトの免疫力などによって決まるのです。

まは、肌の回復力もヒトによって異なりますが、この差も、ニキビ痕になるかどうかに影響します。

例えて言うと、炎症性ニキビくらいまでなら、あとが殆ど残らないで治るヒトもイます。

また、ヒトによっては、若干の凸凹やシミが残る場合もあります。

一般的に、男性のような肌が硬い人のほうが、ニキビ痕が残りやすいといわれています。

ですので、このようなヒトは、早めのケアが必要になります。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活