ニキビ跡のケア方法の一つに洗顔…通常の洗うだけのものとは異るピーリングがあります…

毛穴の奥深くまで綺麗にしたい時には泡洗顔を…

ニキビ跡ができてしまうとメイクのノリも悪くなりますし、素肌に自信が持てなくなります。

ニキビ跡が残っているということは、それだけニキビによる影響が大きかったということであり、表皮だけでなく真皮にまで影響が達している可能性もあります。

肌にとっては良くない状態ではありますが、幸い肌はターンオーバーによって自然に細胞の生まれ変わりが行われていますので、長い時間をかければ自然に良くなることも少なくありません。

しかし、自然治癒を待っていると非常に時間がかかりますので、早急に治したい時には自分のニキビ跡に合ったケアを行う必要があります。


ニキビ跡のケア方法の一つに洗顔があります。

洗顔といっても通常の洗うだけのものとは異なり、ピーリングを行う必要があります。

ピーリングは肌の表皮部分の細胞を軽く溶かして排出しやすい状態にします。

働きが鈍るとトラブルを含む肌細胞がいつまでも排出されなくなり、トラブルの大きな原因となります。

ですから、ターンオーバーの鈍っている肌には強制的にリセットできるようなケアが必要です。


ピーリングは家庭用のものならそれほど作用も強くありませんので、肌への刺激についてはあまり神経質になる必要はありません。

ただし、毎日行うと負担が大きすぎますので、週に2回程度に留めておいた方が無難です。

コンスタントにピーリング洗顔を行うことで、凹凸のあるニキビ跡でさえも徐々に薄くなります。

表皮に留まるニキビ跡なら短い時間でも目立たなくなる可能性がありますので、まずは2週間試してみることが大切です。

長い間皮膚が炎症を起こしていると、毛穴が広がったまま閉じなくなるケースもあります。

その毛穴に皮脂や汚れが詰まると更に閉じにくくなりますので、洗顔で毛穴を綺麗にすることも大切です。


毛穴の奥深くまで綺麗にしたい時に行うべきなのは泡洗顔です。

泡の力を利用することで、ゴシゴシとこすらなくても綺麗になります。

泡には汚れなどを吸着する働きがありますので、肌の上で指をくるくると弧を描くように動かすだけでクリーンな状態にすることができます。

毛穴に余分なものが詰まっていないと、自然に少しずつ閉じていきます。

毛穴が閉じると皮脂の分泌量も抑えられますので、新たなニキビができないようにという予防にもつながり一石二鳥です。


このように洗顔でもニキビ跡のケアを行うことが可能です。

まずは自分にどのようなケアが必要なのかを考えてみることが大切です。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活