ニキビ跡が残ってしまう理由は色素沈着が発生してしまう…

早めにビタミンC誘導体によるケアをはじめることが大切!

ニキビ跡が頻繁に残ってしまうことが悩みの人も割と多くいますが、ニキビ跡が残ってしまう理由は色素沈着が発生してしまうからです。

色素沈着のもとになるメラニンは、本来なら体に悪い者ではなく、肌の防御反応として分泌されるものであり、肌が刺激を受けている部分で、色素細胞の活動が活発になります。

肌の代謝とともに徐々にメラニン色素も古い角質とともになくなっていくことが通常ですが、肌がダメージを受けていたり、炎症による刺激が続いたりするといつまでも消えずに残りやすくなってしまいます。

肌のダメージを解消したい場合、ビタミンの摂取が優れていますが、中でもビタミンCが効果的であるのは、高い抗酸化作用があって活性酸素を除去してくれる役割があるからです。

ニキビの炎症を悪化させないようにしたり、肌の代謝をスムーズにするサポートにもなりますし、メラニン色素の抑制にも効果が期待できます。


肌に大切なコラーゲンの生成も促してくれるため不可欠な存在ですが、そのままでは中々肌の目的の部分に浸透してくれず、ニキビ跡の改善にあまり期待が持てないため、考え出されたのがビタミンC誘導体を利用する方法です。


ビタミンCは水溶性であるため、フルーツや野菜などから取り入れようとしても中々吸収率が高くなりません。

調理すると水に流れ出してしまうためで、さらには熱に弱いので焼いたり、揚げたりしたらほとんど失われてしまいます。

また肌に直接塗ることを考えても、肌にはバリア機能が備わり、ウイルスなどの侵入を防ぐ構造になっているため、栄養成分も奥深くまで浸透していくことができにくい状態ですが、ビタミンC誘導体はその問題をクリアし、肌に浸透していきやすくなっています。

栄養成分の機能を失うことなくビタミンC誘導体によって浸透していくことで、効果的な肌質の改善ができるので、毎日利用する化粧水などをビタミンC誘導体が含まれていることに変えるだけでニキビ跡に対する効果が期待できます。


メラニン色素は肌の奥深くでつくられるので、現在ニキビが治ってきていて赤くなっているだけで黒ずみがなくても、後から浮き上がってくる可能性があるので、早めにビタミンC誘導体によるケアをはじめることが大切です。

炎症に対してビタミンCは優れた効果がありますが、化粧品だと他の成分も含まれているので、炎症がひどいときに塗ると悪化させてしまうことがあるため、炎症が治まっていないときには注意して利用する必要があります。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活