クレーター・ニキビ跡の改善には、まずは新たなニキビを作らないようにする…

化粧水では、コラーゲンやヒアルロン酸を利用…

ニキビ跡には様々な種類があり、行うべきケアも異なります。

自宅でニキビ跡のケアを行う際には化粧水を用いるのが一般的であり、濃度の高い美容成分を必要としている時には美容液をプラスします。

クリニックなどに通えばレーザーやケミカルピーリングをはじめとした本格的な治療によって短期間のうちに改善させることもできますが、自宅で地道にケアを続けることでも良くなりますので諦めずにケアを継続することが大事です。


クレーター状のニキビ跡はメイクで隠しきることができませんので、できてしまうと大きな悩みとなります。

影響が表皮だけなら自然なターンオーバーを待つだけできれいになるのですが、凸凹とした状態になっている時には真皮にまでダメージが達してしますので、回復には時間がかかります。


クレーター状のニキビ跡を改善させたい時には、まずは新たなニキビを作らないようにすることが大切です。

ダメージを受けている部分にニキビができるとさらに症状を重くしてしまいますので、まずはニキビのできにくい肌作りを目指さなければなりません。

化粧水では殺菌作用の高い成分が含まれているタイプを利用し、アクネ菌が繁殖しないようにケアを行います。


毛穴が塞がっていると雑菌の温床となりますので、洗顔で毛穴をきれいな状態にしておくことも忘れてはいけません。

良い状態を維持して新たなニキビを作らないようにすれば、それだけで数か月後には改善が見られるようになります。

改善をより力強いものにするために、肌のハリや潤いを取り戻すためのケアを行います。


化粧水では、コラーゲンやヒアルロン酸を利用します。

これらの成分は元々肌に含まれているものですが、ニキビ跡のようなトラブルが起きる状態では不足していることが予想されます。

潤い成分を補給することで、肌の水分を保持しておく能力も高まります。

十分な水分と潤いがある状態なら細胞の働きはより活発になり、新たな細胞もどんどん生成されます。


比較的重い症状に分類されるクレーター状のニキビ跡であっても、このように効果的なケアを選択して実践することができれば少しずつ改善させることができます。

どのタイプでも共通して言えることは、トラブルを含む肌細胞が排出されれば健やかな状態に戻りますので、ターンオーバーを正常な状態にして肌の基礎体力を高めることが大切です。

肌体力が高まれば新たなトラブルを引き起こすことがありませんし、回復も早まります。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活