貴方のニキビ痕のタイプをチェックして、ニキビ痕の種類と特徴を調べましょう!

タイプ別の特徴に応じた対処法が必要です。

ニキビ痕は症状によっていくつかの種類に分類されます。

もしもあなたがニキビ痕にお悩みなら、タイプ別の特徴に応じて、対処法を講じなくてはなりません。

正しく状態を把握し、最も効果的な改善方法を実践しましょう。

■クレーター

皮膚に凸凹ができる「クレーター」タイプのニキビ痕は、強い炎症の後遺症として生じます。

皮膚の「真皮」という部分にあるコラーゲン組織がダメージを受け、損傷されてしまった状態。

化粧品などで完治させることは難しく、何よりも「予防」に努めることが大切です。

ニキビができてしまったら場合には早期に医薬品など利用し、炎症を抑えましょう。

クレーターに関しては、医療機関(クリニック)でレーザー治療、ピーリングを行ったり、コラーゲンやヒアルロン酸などを注入することで劇的な改善が期待できます。

通常、保険適用外の治療となるため、費用が高額になる点は覚悟しなくてはなりません。

■色素沈着(黒ずみ)

炎症によって色素が集まり、「シミ」になった状態。

UVケアによって予防効果が期待できます。

極力、患部を紫外線に当てないよう注意しましょう。

定着化してしまった色素に対しては、医療機関でのレーザー治療が広く施術されています。

■赤み

皮膚が炎症を起こしている状態。

通常であれば自然に治癒しますが、ニキビが治っても赤みだけ残るケースがあります。

完治の期間には個人差があり、中には1年以上の時間を要する人も。

最悪の場合、皮膚内の血管が拡張され、赤みが定着化してしまう事例もあるようです。

やはり初期の段階で塗り薬など用い炎症を抑え、予防に努めることが必要です。

医療機関ではビタミン剤など処方されることもあります。

■ケロイド

ニキビが治る際、過剰にコラーゲン線維が生成され盛り上がった状態。

化粧品による完治は難しく、医療機関で専門的な治療が必要となります。

ただ、ケロイドができるのは稀なケースなので、特に気にする必要はないかもしれません。


種類を問わず言えるのは、早期の治療、そして普段の予防策がいずれも有効だということ。

通常、赤み→色素沈着という経過をたどるケースが多いので、炎症が起きたらできるだけ早く対策を講じましょう。

できてしまったニキビ痕は、自宅でケアすることが難しいとはいえ、諦める必要はありません。

深刻に考え過ぎず、医療機関で治療可能だということを忘れないでくださいね。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活