まずは、背中のニキビ跡の効果的なケア方法を知ることから始めましょう…!

ビタミンC誘導体を利用してメラニンの排出を促す…!

肌を露出する季節になると、背中のニキビ跡が気になってしまいます。

赤みや色素沈着が残ってしまったニキビ跡は、自宅でのケアでも改善が可能ですので、まずは効果的なケア方法を知ることから始めなければなりません。

ニキビ跡をケアする際に一番最初に確認しておかなければならないのが、現在炎症を起こしている部分はないかということです。

炎症を起こしている部分があると、触れることにより刺激を与えて悪化させる可能性があります。

炎症時には触れないことが一番の治療法になりますので、抗炎症作用のある軟膏で炎症を鎮める程度にしておきます。

乾燥していて保湿を行いたいという場合には、アクネ菌の繁殖を防ぐために殺菌作用の高い化粧水を利用します。


炎症が治まったら、定期的にピーリングを行います。

ピーリングによって肌表面の不要な角質を取り除くことで、代謝を促進させることができます。

メラニンの生成された肌細胞の排出を促せば色素沈着も次第に薄くなっていきますし、赤みの残るニキビ跡も改善されます。


次に、ビタミンC誘導体を利用してメラニンの排出を促します。

ビタミンC誘導体には抗炎症作用もありますので、炎症を起こしやすい肌をケアする際にも有効です。

角質が硬くなるとまたニキビができてしまいますし、現在残ってしまっているニキビ跡の回復も遅くなりますので、コラーゲンやヒアルロン酸を利用して肌を柔らかくすることも重要です。

これらの潤いケアに効果的な成分には保湿効果もありますし、使い続けることで毛穴を詰まりにくくすることができます。

その結果、肌の代謝が正常な状態に戻り古い細胞の排出が順調になりますので、背中のニキビ跡も治りやすくなります。


保湿を行う際に注意したいのが、クリームや乳液を使うことです。

背中に余分な油分を与えることで毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすい状態になります。

ケアを行う時には油分の少ない化粧水を利用すると安心です。


以上のことに気を付けながらケアを行うことで、ニキビ跡も治すことができます。

あとは、衣服との摩擦が起こりやすい部分ですので通気性の良いものを選んだり、汗をかいたらこまめに拭くなどの工夫も必要です。

皮脂や汚れ、衣服との摩擦以外にも、シャンプー液やボディーシャンプーが付着したままになってしまったり、ホルモンバランスが乱れることでもニキビはできてしまいますので、原因となることを丁寧に排除していくことも重要です。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活